『グロービスMBAキーワード|図解|フレームワーク50』グロービス=著・嶋田毅=執筆の中より、マズローの欲求5段階説をメモ書きとして書き記しておきます。

人間の欲求を5段階に分類し、重要性に随ってそれらが階層構造をなしているとしたモチベーション論。低次元の欲求が満たされれば、さらに高次の欲求を満たすべく行動すると考える。

アブラハム・マズローによって提唱された。

マズローは、人間は自己成長を求める動物であるという考えのもと、人間の欲求を5段階に分類し、低次元の欲求が満たされれば、さらに高次の欲求を求めて行動すると考えました。

これも146ページの動機付け・衛生要因と同様、モチベーション理論としては比較的古典的な理論で、かつ批判もありますが、普遍性が高いことから今でも多くの人がさまざまな場面で活用しています。

5段階の分類の詳細は以下の通りです。
生理的欲求:生命を維持するための根源的な欲求。

人間の最も原始的な欲求である、食欲や睡眠欲が含まれます。

安全欲求:経済的な安定や健康の維持、治安の良さや事故リスクの低さなど、安全で豊かな生活を求める欲求です。

日本をはじめとする先進国では、この欲求までは満たされていることが多いため、企業の担当者が施策を考える上ではあまり重要ではないとされています。

所属と愛の欲求:社会的欲求とも呼ばれます。

自分が社会に求められていると感じることや、良き組織やコミュニティに属して心の安定を得たい、人とつながって孤独感を忌避したいという欲求です。

近年、SNSやインターネットなど「人とのつながり」を促進するサービスが増えていますが、これはまさにこの欲求に応えるものです。

承認欲求:他者から尊敬されたいという欲求です。

承認欲求には2種類のものがあり、低次な承認欲求は、名声や注目といった表面的なものにとどまります。

マズローは、より高次の承認欲求である、自己肯定感や自律性、自分自身の評価の高さが重要と考えました。

自己実現欲求:自己の存在意義を実現する欲求です。

自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、なすべきことを成し遂げたいという欲求です。

マズローは欲求5段階説の中でもこの欲求を最高次に位置づけ、この欲求を満たすことこそが人間を幸せに導くと考えました。

この欲求の5段階は、図表33-1に示したように大きく物質的欲求と精神的欲求に区分することもできます。

一般に先進国の企業では精神的欲求が従業員のモチベーションを高める上で重要と考えられており、実際に企業側もそれを意識して人事施策を考えます。

浄土真宗及び仏教について、他の方もいろいろ記事を書いてくださっています。
詳細は下記URLをクリック。
にほんブログ村 浄土真宗
人気ブログランキングへ
[`evernote` not found]