先日、東京教区布教団青年僧侶幹事会主催の研修会が行われました。例年、「アミトーク」と題した布教大会や現地研修会を行っていましたが、コロナウイルスが蔓延する状況の中にあって今年度は中止という案も出ました。

そうした中、環境に合わせて僧侶側の伝道の在り方も変わっていかねばならないという意見もあり、今回はインターネットを活用した布教伝道というテーマで各分野で活躍しているご講師にご講義頂きました。ご講師は以下の三名のお方です。

  • 光森 宏明 氏
    現在、築地本願寺の職員として本堂での法要行事の配信の企画運営に携わっています。法要を配信するにあたって、具体的にどの様なソフト、機材を使用しているのかということについてお話頂きました。機材については無知に等しいので大変参考になりました。
  • 松崎 智海 氏
    ツイッターアカウント「松崎智海(非売品僧侶)@浄土真宗本願寺派♪永明寺住職」はフォロワー数が約2万4000という仏教界のインフルエンサーです。各SNSの特徴の違いや、実名でSNSを登録して発信する際の注意点等についてご講義いただきました。
  • オガワブンゴ 氏
    Podcastクリエイター、バスケフォトグラファー(balltrip MAGAZINE編集長)2016年8月からPodcast制作をスタートし、現在までに40番組、2000エピソード以上を手掛けています。「MOOKSTUDY 日本の歴史」は月間50万再生を超え、Apple Podcast Best Of 2018の「2018年に最もダウンロードされた新番組」に選ばれています。私が「MOOKSTUDY 日本の歴史」のファンということもあり、講師として推薦させて頂きました。Podcastとは何か?という話から具体的な制作の話までご講義頂きました。
光森 宏明 氏 資料
オガワブンゴ 氏 資料

現状の環境を把握し(三密を避けなければならない)、何が自分たちにとって足りていないのかということを認識したうえで企画された素晴らしい研修会でした。ZOOMを利用しての研修会に慣れていないということもあって、あまり大々的に宣伝しませんでしたが、個人的には色々な方に是非とも聞いて頂きたいと思えた研修会でした。

浄土真宗及び仏教について、他の方もいろいろ記事を書いてくださっています。 詳細は下記URLをクリック。

にほんブログ村 浄土真宗
人気ブログランキングへ
[`evernote` not found]